Photosynthesis -光合成-

PENTAX K-50 & Tamron で撮ってます♪

2020年6月27日/武蔵丘陵森林公園♪  

200627sinrin09.jpg
ヒメアカタテハ01(2020/06/27/武蔵丘陵森林公園)

おこんちわ。
またまた2週間のご無沙汰となりますた。(^^ゞ

ご無沙汰中にまた、都内の新コロ感染者が3ケタに乗り、都内から他県への移動自粛しろとの、都知事からのお達しが出て自粛厨大喜びですが、たとえ要請であっても、自由な行動の制限は憲法違反に当たり、都民に従う義務はありません。
なので、コロナの数千倍の死亡率誇る進行癌患者としては、今後も今まで通りってコトでよろしくです。


さてさて。
実は去る6月27日(土)と29日(月)、1日置いての蓮ちゃんで、埼玉の武蔵丘陵森林公園訪れてます。
27日土曜がもともと晴天予報だったのに結局曇りで、アゲハ系の蝶に出会えなかったため、シフト休みだった月曜にリベンジしたのですが…。
晴天だった月曜も、結局アゲハ系の蝶との出会いはなく、ヒメアカタテハやテングチョウ、キタテハなどタテハ系の蝶と、夏の花々をジックリ撮ることが出来、それなりの満足はありました。
しかしこの時期アゲハが撮れないとは、原因分からないけどもっと早めに公園開けてくれてればなあと、コロナ禍が恨めしい裕華でありました。

200627sinrin17.jpg
テングチョウ
この蝶めったに翅開かないので、ほぼ全開が撮れて感激でした♪

200627sinrin20.jpg
ツマグロヒョウモン♂
どこでも見かけて数も多いはずの蝶ですが、今年は少ないような~?

200627sinrin24.jpg
アガバンサス(和名クンシラン)

200627sinrin27.jpg
ツマグロヒョウモン♀

200627sinrin30.jpg
セセリチョウ

200627sinrin33.jpg
ヒメアカタテハ02

200627sinrin35.jpg
ダンゴギク

200627sinrin38.jpg
キタテハ

200627sinrin42.jpg
オカトラノオ

例年ヒメアカタテハよりツマグロヒョウモンの方が多いのに、今年は逆転しててヒメアカタテハが数頭、ツマグロは雌雄それぞれ1~2頭、ってトコでした。
アゲハ系に出会えないのがちょっと心配ですが、梅雨が明けたら状況変わるかも?

さてさて、ここに来て急に3ケタ乗った新コロ感染者ですが、新宿の夜の街などで、健康な人も一斉に集団検査が行われてるためで、当然陽性率からも、分母が増えれば感染者急増するけど、無症状がほとんどなので重症者や死者は増えず、医療崩壊の心配も無し。
なのに都民に東京から出るな言うのは、明らかに選挙対策。
不安煽って投票率下げ、現職有利に持っていく戦略でしょう。
結局学歴詐称も有耶無耶なってしまった現職都知事。
あまりの無力感に、今後の国政選挙も棄権する気満々の裕華なのでした~!/(´o`)

スポンサーサイト



2020年6月15日/茂原市あじさい屋敷~♪  

200615yasiki001.jpg
あじさい風景01(2020/06/15/あじさい屋敷)

おこんちわ♪
ちと更新遅くなりましたが、去る6月15日(月)、母と共に訪れた千葉県茂原市のあじさい屋敷の紫陽花たちをアップします♪

緊急事態は全面解除になったものの、一抹の不安はあるので事前に問い合わせたら、例年通り6月1日から通常運転とのことで一安心。
しかも今年は花が早く、6月中旬時点で満開とのこと。
今回もベストなタイミングで訪れることが出来、有り難いことです。

このあじさい屋敷、元は個人の農家だったとのことで、巨大な長屋門が入り口になってます。
長屋門の中は地元の特産品などのお店になっていて、通常営業されてましたし、お店の奥の無料休憩所も、窓が開けられ通常どおりでした。
電車で茂原駅に着き、駅ナカの手作り総菜屋さんで弁当購入、今回は茂原発のコミュニティーバスに間に合い、乗って30分ほどであじさい屋敷到着。
お昼近かったので先ずは休憩所で弁当タイム。
その後散策開始でしたが、未明にかなりの量の雨が降ったようで、山のてっぺんに登る道は途中から通行止め。
登りたい人は自己責任で、との立て看板もあり、てっぺんは諦め、登れるところまで行ってうろちょろ。
それでも、期待に違わぬ圧巻のあじさい風景です。

思いっきり堪能し、満足して帰宅することが出来ました。
通常営業して下さったことに感謝です!

200615yasiki002.jpg
紫陽花01

200615yasiki07.jpg
紫陽花02

200615yasiki15.jpg
紫陽花03

200615yasiki17.jpg
紫陽花04

200615yasiki03.jpg
ベニシジミ

200615yasiki16.jpg
あじさい風景02

200615yasiki21.jpg
あじさい風景03

200615yasiki27.jpg
あじさい風景04

200615yasiki28.jpg
あじさい風景05

ところで驚いたのが、園内マスク付けた方がほぼゼロだったことです!
(自分たちも持って行ったけど、外しました)
この日は東京でも30度越えの気温が予想されてたし、晴天でかなり暑かったこともあると思いますが、老若男女笑顔で散策される姿を見ることが出来、コロナ前に戻ったようで心強かったです。

海外などではまだ、死者が増えてる国も複数ある中で、日本の状況は幸運としか言えませんが、その幸運を無駄にせず、ぜひぜひ非人間的な「新しい生活何ちゃら」は撤回してもらいたいです。
日本を代表するエンタメ施設のディズニーランドが未だ開かず、伝統芸能代表の歌舞伎が何か月も上演されていないことを、深く憂慮する者です。

2020年6月8日森林公園リベンジ&10日神代植物公園♪  

200608sinrin03.jpg
ムスクマロウ♪(2020/06/08/武蔵丘陵森林公園にて)

おこんちわ♪
本日はダブルヘッダーでの更新です。

先ずは去る6月8日(月)、晴れ予報だったので、早速ながら武蔵丘陵森林公園へリベンジ。
午後も晴れたものの、陽射しがあったため気温が上がり、30度超えたっぽいのでナミアゲハやキアゲハには会えてませんが、何とナガサキアゲハに遭遇!
数年振りで感激もひとしお、他にもベニシジミやテングチョウも撮影出来、蝶撮りには森林公園が最強と再認識出来ました~♪

200608sinrin06.jpg
ベニシジミ♪

200608sinrin10.jpg
ナガサキアゲハ♪
もともと南国のチョウだったようですが、温暖化で関東までは定着したもようです…

200608sinrin13.jpg
テングチョウ♪
6月前後に繁殖するため、この時期よく見かけます。

200608sinrin14.jpg
ヒメアカタテハ♪
この日も、前回と同じ場所で出会えました~

200608sinrin20.jpg
アリウム・ギガンジウム♪
さすがに、そろそろ終わりかけでした…

さて、ここから先は去る6月10日(水)仕事をポカ休して訪れた(^^ゞ、約3か月ぶりの神代植物公園。
やはり思った通り、見どころは水生園の花菖蒲しかなく、本園でも主な花はほぼ終了という、残念な状況。
翌6月11日には関東も入梅発表があり、出かけられなくなるため、開園があと2週間早ければと悔やまれます。
コロナ禍というよりは、東京都知事が選挙運動にコロナ対策を利用するため恐怖を煽り、自粛を長引かせたことによる人災です。
他でも書いたとおり、コロナの死亡率は0.001%と、インフルエンザよりも毒性の弱いウィルスです。
(ちなみに自分の患ってるステージ3の癌の死亡率、コロナの数千倍。)
インフルでさえ、毎年緊急事態なんてならないし、自粛もしねーのに、何でそれよりも危険性の低いウィルスで緊急事態とかやってるんでしょうか?
お陰で3か月もの長期間、大好きな場所が閉鎖され、初夏の花が全て終わってから開くというマヌケさ加減。
真夏に咲く山野草なんてほとんどないし、秋の紅葉なら他でも楽しめるので、正直言って神代にはもう、たいして魅力を感じなくなってしまいました。
コロナ以前は毎月のように通いましたが、今後訪問回数減ると思われ~♪

200610jindai07.jpg
スイレン♪(2020/06/10/神代植物公園にて)

200610jindai10.jpg
ビヨウヤナギ♪

200610jindai17.jpg
紫陽花♪

200610jindai21.jpg
ハナショウブ♪

今日は入梅と同時に、東京のなんちゃらアラートも解除され、ステップ3に移行してパチンコ屋とかカラオケ屋、遊園地などもオープンできるようになるようですが…。
なんちゃらディスタンス言ってたら、儲けが出るようになるまでに潰れてしまうところも多いでしょうね…。

ホント、これが癌のように死亡率の高い感染症であれば、自粛しますし、緊急事態も仕方ないです。
でも実際は…インフルエンザよりも死亡率低い、危険の少ないウィルスだった。
4月初旬までは、未知のウィルスだったからしょうがないけど、4月末にはほぼ正体割れてたんだから、なぜ軌道修正が出来ず、緊急事態が延長されてしまったのでしょう?

今から言ってもしょうがない、って人もいるけどさ、都知事選の投票には、この辺ぜひ反映させてほしいと思うわけです。
つまり、災害を選挙運動に利用するような人を、知事に選んだらいけません。
また同じようなことが起こった時、憲法や人権無視して、科学的根拠もない、理不尽な行動制限がかけられることになるのです。
死亡率最強の癌患者の自分としては、納得いかないので書かせてもらいました。

2020年6月4日/武蔵丘陵森林公園の花と蝶~♪  

200604sinrin08.jpg
タチアオイ♪(2020/06/04/武蔵丘陵森林公園)

おこんちわ。
5月26日に緊急事態宣言解除、ステップ1ですぐに再開と思っていた公園がなかなか開かず…去る6月1日や2日に、ようやく都内と近県の都立や国営の公園が再開になりました!
この時期のチョウを逃したくなく、去る6月4日(木)シフト休みに、武蔵丘陵森林公園にさっそく出かけてます♪

園内バスがまだ休止なので、西口から20分ほど歩いて植物園到着。
11時過ぎてたので、早めのランチで売店でテイクアウトのパスタ注文し、屋外の休憩所で食べます。
(冷房の効いた屋内休憩所は、まだ使えません)
ほとんどのテーブル席が木陰にあり、風もあって、暑い日だったけど快適なランチタイム。

花はタチアオイに間に合い、シャーレポピーやゼラニウムなどハーブ園の花たちも迎えてくれ、喜びもひとしお。
ボーダー花壇ではヒメアカタテハにも出会えましたが、残念ながら晴天予報だった午後がほぼ曇り空だったため、アゲハ蝶の撮影は叶いませんでした。

まぁそれでも、この森林公園のボーダー花壇は関東随一の規模だし、ハーブ園と併せるとかなりの種類の花に出会うことが出来ます。
植物園の売店でパスタなどの軽食も摂れ、おやつタイムにはあまおうソフトで休憩もできるので、たっぷり3時間滞在し、撮影を楽しめて有り難い事でした♪

なにより、この楽しみが今後も中断されることのないよう願ってます!
(そのためにも、コロナを指定感染症から外して、無意味な自粛などを終わらせましょう~♪)


200604sinrin12.jpg
シャーレポピー♪

200604sinrin15.jpg
ゼラニウム♪
実はこの花、可愛くて大好きなのです♪
種類がたくさんあるようですね~。

200604sinrin19.jpg
アストロメリア♪

200604sinrin21.jpg
シラン♪(白花タイプ)
紫のシランは終わってましたが、白花はまだ元気なのがありました♪

200604sinrin22.jpg
ツマグロヒョウモン♪
今やどこでも見かけるお馴染みさんです♪

200604sinrin28.jpg
スカシユリ♪

200604sinrin37.jpg
ヒメアカタテハ01♪
見つけた時はうれしかったですね~♪
本来は秋に数が増える蝶ですが、この時期にいるってコトは、秋にはもっと増えるということなので、今シーズンは期待大です!

200604sinrin39.jpg
ヒメアカタテハ02♪

200604sinrin41.jpg
西洋オダマキ♪
たぶん品種名あると思うけど、分からなくてスンマセン~(^^ゞ

さてさて。
失った時間は戻らないから、初夏のハーブと蝶のシーズンに間に合ったことに感謝しつつ、前に進みます。
あとは…夏場にマスクやフェイスシールド強要など、理不尽なことがないように祈るばかりですが、職場はいまだにマスク強制なんだよな…(´^`;)
いい加減、インフルエンザより死亡率低い、ヘタレウィルスだって、為政者も気付いてほしいものですが…
┐('~`;)┌

2020年5月28日/箱根湿性花園♪  

200528hakone02.jpg
アヤメ♪(2020/05/28/箱根湿性花園にて)

えーおこんちわ。

去る5月26日午前零時に、ようやく首都圏の緊急事態宣言も解除の運びになりましたが…。
都内の公園・植物園はステップ1で解除と同時に再開のはずが、現状どこも、まだ開いてません。
どうも6月1日以降になるらしい…?


ところが、神奈川の箱根湿性花園が、何と27日から通常開園というので、シフト休みの5月28日(木)、勇躍お出かけして来ました!

その4日前の24日(日)、日光植物園では思ったほど花がなかったけど、さすがにこちらではアヤメやニッコウキスゲ、クロユリなどの山野草が出迎えてくれて、久々に本格的な山野草撮りが堪能出来ました~~♪

200528hakone07.jpg
クリンソウ♪

200528hakone09.jpg
チョウジソウ♪

200528hakone11.jpg
ハマナス♪
ハマナスは、雅子皇后陛下のお印です。

200528hakone14.jpg
二ホンカワトンボ♪
…だと思うんですが、シロウトの同定ゆえ、違ったらご教示下され~m(__)m

200528hakone16.jpg
クロユリ♪

200528hakone19.jpg
ニッコウキスゲ♪

200528hakone34.jpg
ホウチャクソウ♪
この花、久々に出会えたような~?

200528hakone35.jpg
ワスレナグサ♪
この花も、他ではあまり見なくなりました。

200528hakone42.jpg
虹♪
この写真のみ、自宅近所にて。
最寄り駅についたら夕立が来ていて、お天気雨だったので太陽と反対方向の空見上げたら虹でした~♪

さてところで。
自分の好きな公園・植物園の基準は、お花が生き生き、うれしそうに咲いてることです。
都会の公園で見かける花壇などは、カラフルに植えられてても花がしおれてたり、ってコトがよくあります。
遠目にはきれいだけど、近寄るとガッカリするパターン。
お花がお仕着せの場所に植えられた、ってコトなんだろうなと思います。

お花が生き生き咲く公園・植物園は、そもそも環境から、お花にいいように作られています。
同じように人の手で植えられてても、その場所がそのお花に合っていれば、お花も天寿を全う出来ます。
自分にとって、箱根湿性花園や神代植物公園、武蔵丘陵森林公園などはそんな場所です。

お花が楽しく咲ける環境だから、人も癒される空間になっていくんだろうなと思う。
今後、そういう公園や植物園が無残に閉鎖されることがないようにしてもらいたいです。

※その他…
今回コロナ禍では、結局日本ではどこも感染爆発は起こらなかったし、ピークアウトしてからの緊急事態宣言、しかも意味のない延長された上、新しい生活様式の強要など、ホントにこれで良かったのか、検証してもらいたいことが山積です。
新しい生活様式守ったら、映画館や歌舞伎座含む劇場、カラオケ、遊園地などの業界は生き残れません。
世界に誇る日本のアニメ映画も、上映館が潰れれば、制作されなくなっていくでしょう。

つまり若い人が自ら創作し、楽しんできた文化活動、エンタメ業界が全滅ということです。
もともとオタクで、SF映画等が大好きな自分にとってもこれは看過できない、ゆゆしき問題です。

解決策は、今となっては新型コロナを指定感染症から外す以外に無いと思ってます。
そうなれば、新型コロナもインフルエンザと同じ扱いになるため、新しい生活なんちゃらも必要なくなります。
実際、インフルエンザよりも弱毒な(死亡率が低い)ウィルスを、特別扱いする意味がそもそも無かったワケで…。

人間らしさを否定された「新しい生活」ではなく、コロナ以前元の生活に戻ることを、自分は切望しています。

2020年5月24日/日光植物園の山野草♪  

200524nikkou01.jpg
シライトソウ♪(2020/05/24/日光植物園にて)

おこんちわ。
ようやく本日(5/25)、首都圏の緊急事態宣言が解除されようとしてます。
思えば3月末から自粛させられて約2か月。
長かったというか…八重桜のシーズンと、春の山野草を撮れなかった失望は大きい。
自由の国に住んでると思っていたのに、公園閉鎖され撮影に行けない状況がよもや来ようとは。


新型コロナのせいだという人がいるが、これは明らかに人災。
他でも書いたけど、3月末には実効再生産数が1を下回り、4月初めには専門家会議でもピークアウトを確認。
つまりは国を挙げての緊急事態なんてそもそも必要なかったのに発出されてしまい…しかも5月6日までの予定が延長…。
そのうえ、屋外の公園は感染リスクも低く、閉鎖する科学的根拠も不明な状態で閉じられたまま。
もうこの国がいい国だなんて思わないし、自分が納得しない限り、今後も自粛だとか言われても従わないことを決めた。
まぁそれが収穫ってコトにしないと虚しいから、収穫だと思うことにする。


さて今回は、一足先に解除されていた栃木県にある日光植物園が、早くも5月23日(土)に再開という情報があり、土曜はお天気悪かったので、翌5月24日(日)に東京から遠征しました。
正直、植物園での滞在時間の2倍近くを往復の移動に費やすこの状況、体力と懐具合的には、かなりしんどいものがありました。
それでも開けてくれてる植物園が、有るだけでも有り難いと思わないと、バチが当たりますかね~~(^^ゞ

で、日光植物園ですが、ここは東大の研究施設なってます。
東京(文京区)にある小石川植物園の分園でして、研究施設なので余計な草刈りや消毒などは行われず、自然のままなので、都会では消えてしまった山野草や昆虫たちにも出会える、穴場的な場所になってます。


200524nikkou07.jpg
アカモノ♪
名前のわりにカワイイ花です~♪

200524nikkou08.jpg
ムラサキツリガネツツジ♪
絶滅が心配されてる希少種とのことで、研究施設ならではなのです~。

200524nikkou13.jpg
クリンソウ♪
今年は花が早かったみたいで、出会えるか心配でしたがまだ残っててくれました~♪

200524nikkou15.jpg
新緑♪

200524nikkou27.jpg
エビネ♪
ほぼ終わりかけでしたが、まだ元気な花も有り感謝~♪

200524nikkou28.jpg
ヒメシャガ♪
大好きな花で、例年箱根湿性花園で撮影してましたが、今年はまだ閉園中…
この出会いに感謝ですね~♪

200524nikkou34.jpg
ミヤマオダマキ♪
この花もほぼ、湿性花園での出会いが多く…。
実は今回、植物園内のは終わっていて、道端で撮影しましたとさ…(^^ゞ

さてさて。
緊急事態解除で公園が開くのかどうか、現状まだ確認できてませんが、東京都のロードマップでは公園が明記されてなくて、一抹の不安が…。(´^`;)
真っ先に開放してほしいと期待してます!
゚+.(・∀・).+゚

2020年5月14日/あしかがフラワーパークの花たち♪  

200514asikaga02.jpg
園内風景♪(2020/05/14/あしかがフラワーパーク)

おこんちわ。
新型コロナ禍により、このベストシーズンに東京都内と近郊の公園・植物園はいまだ、閉鎖されたまま。
5/5の時点で、西村大臣が7日以降公園開放と明言し、新聞に載ったにもかかわらず、都知事が頑なに開放を拒否。
ホントに悲しい事態なのですが、泣いてばっかではちっとも前に進まない。
…ってコトで、休日前夜には近県で開いてる公園探しまくり、どうにかお出かけ機会を確保してます。
プロフィにもある通り、ステージ3癌患者のため、死亡率0.001%のコロナなんかより、家に閉じこもって免疫下がり、癌が再発することの方がよっぽど怖いため、個人的に自粛は拒否せざるを得ません。

そのため今回も、去る5月14日(木)シフト休みに、5/11から再開したという、大藤で有名なあしかがフラワーパークを訪れました。
ここは園芸種が主な公園なので、山野草好きの自分としては百点満点満足、という場所ではないのですが、まぁそんなことも言ってられない状況のため、数年ぶりの訪問となってます。

200514asikaga06.jpg
シャクナゲ♪

200514asikaga09.jpg
タイツリソウ♪
この花、ブラックジャックに出てくるピノコ見たいと思うのは、自分だけでしょうか~?
あまり他では見かけないので、出会えてうれしかったです。

200514asikaga12.jpg
イチハツ♪

200514asikaga22.jpg
白藤♪
かろうじて花が残っている木を選びました。
藤はほぼ、終了でしたね~/(´o`)\

200514asikaga20.jpg
薔薇♪
園芸種は種類多く、品種まで分からなくてすんません~(^^ゞ
ちょっとした薔薇園もあって、綺麗でした。

200514asikaga23.jpg
ベニバナトチノキ♪
まさに真っ盛りで、青空に映えてました。

200514asikaga31.jpg
クレマチス♪01
この花もあまり他にはなく、盛りのシーズンに出会えてよかったです。
いろんな種類がありました♪

200514asikaga35.jpg
クレマチス♪02

200514asikaga41.jpg
フクシア♪
いわゆるオダマキの園芸種。
こちらも色んな種類がありましたが、この花の色がお気に入り♪

そうそう、園内レストランはまだ開いてないため、自宅最寄り駅でサンドイッチ調達して、園内ベンチで食べました。
風もそれほど強くなく、気持ちよかったな~♪

今回訪問の決め手は、2018年にフラワーパーク近くに両毛線の新駅が出来たこと。
東京からだと、湘南新宿ラインで小山まで、そこから両毛線で「フラワーパーク駅」なので、乗り換え少なく、思ったより楽に行けることが分かりました。
来年があれば、今度は藤のシーズンにぜひ訪れたいと思ってます♪

そうは言っても、早いとこ都内の公園が開いてくれないと、交通費がバカにならんという、動かし難い現実が…!
(´^`;)

▲Page top